美人になる為の心得     1、「自分を磨く」        2、「身近な人を喜ばす」   3、「夢を楽しく想像する」


by h-s-miyazaki
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

3月13日 「Kusuyoコンサート」

ゆだねるとき
b0223263_050579.gif


KUSUYOファン待望ののニューアルバム「ゆだねるとき」発売記念
3月13日 待ちに待ったホテル紫雲閣でのコンサート開催である
   
二日前に起きた東日本大震災で、滋賀県から埼玉にたどりつけるだろうかという不安のままにKusuyoさんは車を走らせて埼玉入りしてくれた。不思議なことに通行止めも解除されスムーズに到着できたのは奇跡的である。

ホテルでは震災の影響で風呂が壊れたりお湯がでなかったりと影響があったが、やはりこんな不安なときだからこそ皆で落ち着こう!と思い切っての予定通りの開催となった。

お客様も当初の予定より5人ほど少なくなったがほぼ満席であった。震災後だというのにこの日は電車が動いたのである。やはり奇跡的・・・

実は今日のコンサートをだれよりも楽しみにされ、開催にあたり尽力して下さったS女子は、コンサートのことを最後まで心に残し3月10日他界された。

S女子のたっての願いであったステージに大きなお花を贈りたいという遺志をついで親族が用意して下さったりっぱなお花を背に、かなしみを乗り越えてkusuyoさんが熱唱してくれた。

歌の素晴らしさはもとより、衣装も西陣織りの帯などをふんだんに使った超豪華なドレスでのステージ・・・会場からは衣装の素晴らしさにもため息が出ていた。S女子の妹にあたるデザイナーのカナモリリョウコさんの作品である。

紫雲閣は古いホテルであるが音響の設備がなんとも素晴らしいとPAを担当下さった塗矢氏が絶賛していた。最高の音であった。

「ゆだねる瞬間」まさに地震が起きた時人間はなすすべがなく身を任せるしかなかった。
しかし、一緒にひと時を共にし、素晴らしい時間にまた心を「ゆだねる瞬間」・・・・こんどは感謝と喜びがあふれててきた。

コンサート設営、準備、照明係、受付、ご案内 全てを美人倶楽部のメンバーが手伝って下さり最高に素敵なコンサートとなった。
[PR]
by h-s-miyazaki | 2011-03-13 19:00 | Kusuyoコンサート