美人になる為の心得     1、「自分を磨く」        2、「身近な人を喜ばす」   3、「夢を楽しく想像する」


by h-s-miyazaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

6月12日(日)曼荼羅華の巻

曼荼羅華の巻」皆の名前は天命 使命…。   自分の名前の秘密 

当たり前に受けていた日本語教育ってすごいと思った。
ひらがな、カタカナ、漢字・・・・この組み合わせを使って微妙にあるものないものを表現できる。

大した高学歴でなくたって、日本語の教育をほどほどに受けていれば、漢字一文字見ただけで意味がわかる。熟語にすればなお奥の意味まで大体分かる。日本語は宇宙の仕組みを文字であらわせる暗号のようなものらしい。

基本・・・・ひらがなの50音はまさに音の宇宙観を表した曼荼羅である。


曼荼羅華(まんだらげ)・・・花はうまれたときにはどれも名前が付いていない。花の最初は全てが曼荼羅華であり、その花が咲くときに、名前が付いてはじめて、その花に命がふきこまれる。それから性質が決まり、個性が出て、世界に一つだけの花となると聞いたことがあった。たしか仏教のお話だったと思う。

(現代では、朝鮮朝顔の一種を曼荼羅華というらしい。麻痺する毒のある植物。)


「な」・・という音からして 闇からいずる光を意味し、期待と祈りをもって名を与えるのだそう。



日本古来の音の持つエネルギーから、自分の名前について、姓名判断とはちょいと違う観点での考察であった。

自分の名前に秘められた音の意味、漢字の組み合わせから受け取るイメージなど、さまざまな観点からみる自分の天命と使命について学んだ。   


氏名=使命  読みはどちらも「しめい」である。


自分の名前とじっくり向き合ってみると、自分の性質や根底にある考え方、将来の目的や方向性が見え始めてくるような気がした。


日本の文化は素晴らしい。生きているうちにそれがすごいことだとわかってよかった!
自分の名前を今一度みつめつつ天命を全うして使命を尽くさなくちゃ!と思った。

人の名前もよーくみてみよっと!


次回の美人倶楽部は・・・・7月17日(日)15;00~「ナイチンゲールの巻」
            ※ 内面美容に関するセミナー  サプリメントの常識と効果について
[PR]
by h-s-miyazaki | 2011-06-12 22:17 | イベント(過去)