美人になる為の心得     1、「自分を磨く」        2、「身近な人を喜ばす」   3、「夢を楽しく想像する」


by h-s-miyazaki
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:イベント(過去)( 71 )

川越美人倶楽部では20187月 大正浪漫通りの相亀百縁処にて浴衣縫い講座(全3回)を川越のベテラン和裁士を講師にお迎えして行いました。目標は「自作の浴衣を着て731日川越氷川神社の夏越の祓えに参加しよう」という企画です

b0223263_14495412.jpg
b0223263_14533656.jpg

浴衣を縫った訳

川越美人倶楽部の着付け研究のメンバーは、和文化を楽しんだり、製作を厭わない仲間達なので、いっそ浴衣縫いにチャレンジしてみたら楽しいのではないか?という思いつきでした。川越の町の和裁士さんとの交流も目的の一つです

講座を百縁処でやった訳

相亀百縁処の二階の畳部屋はとても広くて、本物のレトロ家具の前で、大正浪漫通りを行き交う人々を階下に眺めながらチクチクと針仕事を進めていく風景は、とても日本的で川越のイメージに沿い百縁処のコンセプトにぴったりだと思いました。講座中はエアコンのない部屋にて扇風機で過ごす昭和な温度感も体感できました。


b0223263_14490295.jpg
b0223263_14440774.jpg

美人倶楽部が氷川神社の夏越の祓に行ったわけ

川越美人倶楽部では、兼ねてから川越氷川神社で行われる神事や、お祭りのしきたりに込められた意味について研究をしています。夏越の祓や川越祭りの例大祭に会のみんなで毎年参加するようになってかれこれ5年以上がたちます。

当会にはシンガーソングライターの東昌彦氏(50歳)が活動を共にしており、その研究の中で川越まつりのイメージソング「川越氷川の神囃子」が生まれたり、夏越しの祓の茅の輪くぐりの際に唱える和歌「水無月の夏越祓いする人は千歳(ちとせ)の命(いのち)、延(の)ぶと言うなり」を歌詞に作った「蘇民将来」という曲を一緒に歌ったりすることになったのです。今年はその日に合わせて出来上がった浴衣を着ようという具体的な目標もあって、さらに楽しく参加できました


浴衣を縫い、浴衣で氷川神社の夏越の祓に行って何を感じたか。

古いしきたりにはちゃんと意味があって、神事や行事をこなしているうちに心身が整ったり、人々が協力し合うことで絆が生まれたりする。今の氷川神社は観光客も甚だ多い中、観光客、町の人、氏子の区別なく宮司がお祓いをしてくれることに感謝。家族や友人の名を人型に書き、川に流す神事も、誰を書こうかなと、人を思う気持ちを引き出してくれるひと時でした。夏越しの祓後の直会では「夏越ごはん」という行事食を野菜料理研究家の宮崎晃慈氏(65歳)に作っていただきみんなで食べて会を終えました

これからどんないいことがありそうか。

先生になっていただいた戸井田絢子さん(72歳)とは、百縁処に集う皆様のご縁を辿ってめぐり合うことができました。まるで母が家で娘たちに浴衣縫いを教えてくれるような、家庭的な雰囲気の講座で、まちがえたりうっかりしたりしながら、笑いの絶えない講座となりました。そんな良き人間関係を紡ぎながら、和文化は和みの文化、みんなで仲良く日本らしい心で活動していけそうです。これからも川越の町の方々と馴れ親みながら、知性と教養とユーモアを兼ね備えた見た目美人、心美人、健康美人と言われるような川越美人の育成に励みたいとおもいます。


[PR]
by h-s-miyazaki | 2018-07-31 23:45 | イベント(過去)

おもてなし講座

素晴らしい日本の精神がここに!「おもてなし」についての講座開設〜

本日は、川越のティーベリーというカフェのサロンにての講座開催です。当日は「おもてなしセレクション受賞のサムライネクタイ」の生産者の富士桜工房4代目山崎さんのお話も聞くことができました。熱く語られた和柄ネクタイへの思いに大変共感を覚えました。
b0223263_17515581.jpg

このネクタイを「おもてなしセレクション」受賞へと導いた白戸琢道さんの先見の目も素晴らしいですね。川越美人倶楽部のこれまでの茶会で学んできたことなども交えてお話しさせていただきました。2020年のオリンピックに向けて日本人の上級なおもてなし精神を発揮できるようになりたいですね
b0223263_17535139.jpg

川越美人倶楽部      おもてなし講座  学びの11項目
1,おもてなしとは?
2,似てる?モラル マナー サービス おもてなしとの違いについて
3,日常でおもてなしされてうれしかったこと
4,外国人もびっくり日本の文化 (一日にいったい何回○○○する?!)
5,○○道の学び方  心入法と形入法
6,川越美人倶楽部茶道部の茶会で学ぶおもてなし実践法
7,和敬清寂(わけいせいじゃく)・・茶道の精神的境地を表した語。
8,一期一会(いちごいちえ)・・茶道の世界の考え方を表した語
9,一座建立(いちざこんりゅう)・・・・・茶会の目的を表した語
10,装いに込めるおもてなし 色や柄吉祥紋の意味を活用する和装の文化
11,おもてなし 心を込めて行うことにより生まれるものは?

今日は和服の吉祥文様についてのお話を交えるために参加の皆様の長寿と健康を願って亀甲文様の単衣着物、繁栄を願って 葡萄唐草文様の帯をしめて臨みました。
b0223263_1882230.jpg

このわたしの出で立ちを見て、「山梨から来た山崎さんへの思いで、名産の葡萄柄ですか〜?」と白戸さん。そして「おっと葡萄唐草ですね」即答する山崎さん。30才の若さで呉服屋でもないのに和柄を言い当てる男性も少ないですよね〜お二人ともさすが、そんなところに気づいていてくださるところがおもてなしセレクション受賞に関わる強者です!素晴らしい〜と感心いたしました。
b0223263_18184138.jpg

心をこめておもてなしをすることで生まれる和の心をめざして川越美人倶楽部の茶会はさらにランクアップしていきたいですね、今日の講座も一座建立できたかな〜と省みつつ。
最上級のおもてなしができるような心をもった教養あるすてきな美人になりたあ〜い!!!修練有るのみです
会場を設営くださったティーベリーさんの渡部さん元気の出る各種のお茶やケーキごちそうさまでした〜お店のおもてなしにも感激いたしました。
ティベリーさん渡部さんのFacebookはコチラ
[PR]
by h-s-miyazaki | 2015-06-20 23:18 | イベント(過去)

笑顔美人お届け〜

あったかいんだからぁ熱海ツアーにいってきました!

ビューティアップ、グルメ、ヒーリングの三拍子企画ツア終了!
エステも♨︎もお食事も満足満載!夜は心に潤いを!とKusuyoコンサートをみんなで聞きました。翌日は早朝に来宮神社でパワー充電、ヨガも行いデトックス完了。ピカピカの笑顔をいただきました。
b0223263_18443865.jpg

今回のツアーのテーマソング「あったかいんだから 金のクリームバージョン」も替え歌でつくってしまいました!
歌を聴きながら、熱海ツアーの皆様の笑顔をどうぞご覧ください。
動画はコチラ
[PR]
by h-s-miyazaki | 2015-06-07 23:03 | イベント(過去)
川越のまちを活性化しようという有志の集まり、川越まちコミサポーターズのメンバーの一員になり、第一回めのミーティングに参加しました。SNSを有効活用した広報で13名の老若男女が集まりました。
会場は健康を意識した薬膳料理や、ハーブティーの店ティーベリーです。
みなさんのお話は興味深く、それぞれ深い思いを伺うことができました。
b0223263_22005809.jpg

[PR]
by h-s-miyazaki | 2015-03-27 21:54 | イベント(過去)
炉開きの茶会開催

春と秋の年2回、川越美人倶楽部では茶会を開いている。この度は男性のお点前を披露していただいた。
しかも自作のお茶碗に「笑み栗」というなんとも可愛らしいご銘をつけた茶碗をご持参頂き、みんなでお茶を楽しんだ
b0223263_16392680.jpg

こちらの掛け軸はなんと朗光さんの書である
b0223263_16404539.jpg

b0223263_1643973.jpg

昼食を頂いた後 利休7訓を学び 茶花についても基礎知識を勉強する。

きょうの茶会のテーマは「笑顔」

主茶碗は「笑み栗」
干菓子は「笑顔」という名の 大内山の落雁
お花は「くじゃくそう」花言葉は愉快な人 

知性と教養に加えてユーモアを身につけたい川越美人倶楽部のテーマにぴったり~

b0223263_16471044.jpg
b0223263_16474468.jpg
b0223263_16483789.jpg

b0223263_1650147.jpg
b0223263_16503495.jpg


茶会は終わったあとは恒例の野菜料理夕食会 11月生まれの誕生会!班長自身が60歳の誕生日。そしてお手前をしてくださった東さんも19日うまれ~赤いちゃんちゃんこでおいわい~おめでとうございま~す

b0223263_17251241.jpg

[PR]
by h-s-miyazaki | 2013-11-18 17:26 | イベント(過去)
川越まつりの ルーツは川越氷川神社に始まる 今年は例大祭から参加~

昨年に引き続き、わが町川越に300年続く川越祭りについて学ぶ。
今年は昨年の学びから、氷川神社で行われる神事から参加しようということで、まず10月14日に氷川神社にて行われる例大祭から見学した

b0223263_16201091.jpg
b0223263_16202855.jpg


そして川越祭り当日の10月19日には 神幸祭といわれる 神様をお降ろした街の世話役の皆様の行列を拝見。笠をかぶった方々が神の代行をされる人々。

巫女さんや、猿田彦さん、獅子頭、姫神、神馬などが街へ歩いてゆく
b0223263_1624782.jpg


今年は昨年の半分位の山車がでたが20日の日曜日にはここ数十年にはない雨天ということで静かな祭りとなった。雨で祭りは中止にはならないが山車が濡れないように車庫に入れたままお囃子をするだけの町もあったという。今年は水の浄化が必要な年回りだったのかな・・・


21日には 盆返しという 神の代行者の証である笠をお返しすると同時に神様をお見送りする神事が氷川神社で行われ、川越祭りが終了~。来年はこの祭りのあとの神様をお返しする神事にぜひ参加したいと考えている。
b0223263_16314939.jpg
b0223263_1632523.jpg

[PR]
by h-s-miyazaki | 2013-10-20 23:12 | イベント(過去)
川越仙波の囃子連の伝統芸能に触れる

川越で最古の文化財である 大日如来様が鎮座する仙波天然寺では常日頃から、仙波の囃子連の皆様がお囃子の練習をなさっているという。

お囃子は街によってそのリズムが違い、川越祭りなどでは、街ごとに山車の上でこのお囃子と神楽が舞われる。一般庶民がこの芸能を見る機会は普通は年に一回。それを住職のご好意で、年に一度の大日さまの祭りである本日9月7日に、拝見させていただけるというのでお言葉に甘えて参加させていただいた。

昼間は子供たちのお囃子で、いよいよ本番は19時をまわり辺りががすっかり暗くいいムードになった本堂でおこなわれた。

獅子からはじまり、見事な舞とお囃子のリズムに、こんな少ない人数で拝見するのはもったいないほどのものだった。
b0223263_16191698.jpg


熟練の方から中学生までまざってのお囃子。たんたんとなさっているが見事である

b0223263_16215250.jpg

この滑稽な動きが素晴らしいとおもいきや、休憩の時にお面をはずしたら、なんとその下から絶世の美女!うら若き20代の女性だったのには驚いた!

考えてみたらここはお寺・・・。見てるのは神様に捧げる神楽? しかして神仏習合 どっちゃでも世のため人のためになればよろしい!!!というおおらかな立場には大賛成。流石天然寺は庶民のためのお寺である。その懐の深さに感心しつつ。、川越祭りが今年も一層楽しみである。

b0223263_16233028.jpg
b0223263_16304719.jpg

b0223263_16222411.jpg


この素晴らしい文化に触れる機会を頂いたこと、天然寺の皆様、囃子連の皆様に感謝~
[PR]
by h-s-miyazaki | 2013-09-07 23:08 | イベント(過去)
無農薬で大切に育てた埼玉県吉見町の福田さんちの大粒ブルーベリーだ~


b0223263_0305279.jpg
b0223263_0314978.jpg
b0223263_0323677.jpg

[PR]
by h-s-miyazaki | 2013-08-25 00:25 | イベント(過去)
 上半期が終わり、今日は一年のちょうど真ん中の日 6月30日 「夏越しの祓え」をご存知だろうか?

シンガーソングライターの 蘇民さんをゲストにお招きして、6月30日にちなんで、「夏越しの祓え」をみんなですることにした。
b0223263_17142661.jpg


そもそも「夏越しの祓え」ってなにっ?????というメンバーのために蘇民さんが資料を作って下さり、スクリーンとパソコンを使ってその説明から始まった。

ま、かんたんに言えば、上半期の邪気を払って、後半大晦日にむけて頑張ろうという神事だ。神社などでは夏越しの祓えの時には「茅の輪くぐり」というのをやる。

あーあれねとなんとなく掴めてきたメンバー・・・

b0223263_16594125.jpg




この輪を潜る時に和歌を詠みながら潜るのであるが・・・蘇民さんがそれを曲にしてしまったのである

b0223263_1725054.jpg


右側が蘇民さん 私は皆様の汚れを体にうつす形代のやくで白い着物を着ることにした。

途中 蘇民将来の伝説の朗読劇などやってみた。これがなかなか楽しかった。



お祓いが終わってスッキリの美女達
b0223263_175361.jpg


終わったあとは恒例の宮崎晃慈氏の野菜料理をいただく。ある意味で行くと直会とも言える・・・。
蘇民さんありがとう!感謝感謝。
b0223263_17121271.jpg

[PR]
by h-s-miyazaki | 2013-06-30 16:53 | イベント(過去)
春の茶会 今年は宮崎サロンにて開催

サロンを茶室仕様にしつらえて、風呂釜での茶事。
b0223263_19585097.jpg


床の間には息子の朗光書の掛け軸、小さなあやめの花は、平山さんのご実家の庭のもの・・
b0223263_1922665.jpg

お菓子は 小泉守邦先生の差し入れで高野山の干菓子と京都の干菓子。

b0223263_19241888.jpg

b0223263_19252453.jpg

川越美人倶楽部春の茶会に、今年は男性がご参加くださり、一段と風格が出た。三人三様の和服の着こなしに女性陣も惚れ惚れ~

b0223263_19262974.jpg

お点前が終わって・・・男性の点ててくださるお抹茶のお味もひとしお・・・。幕末の坂本龍馬がそこにいらっしゃるような錯覚。風情がいい。

茶道でも習っていないと本格的なお茶会は敷居が高いと思うが、川越美人倶楽部では、本物の茶会を気軽に楽しんで、みんなで日本の文化、総合芸術に触れ合う楽しみを味わうのである。

終わってからのこの笑顔!今日も一日大人の雅な遊びにお付き合いいただきありがとうございます。
b0223263_1931507.jpg

[PR]
by h-s-miyazaki | 2013-05-19 19:35 | イベント(過去)